消費者金融は貸金業法という法律に基づいて貸付の仕事をしているため、法律に従った営業をする必要があります。そして、その法律で総量規制という融資制限がある以上、その制限を守る必要があります。

主婦が消費者金融でお金を借りようとした場合、パートなどで収入があれば収入の3分の1までであれば借り入れが可能ですから、特に心配はいらないでしょう。しかし、問題は収入がない専業主婦です。

専業主婦は、文字通り家事に専念しているため収入がありません。そのため、総量規制のルール上、消費者金融からお金を借りることができないのです。もっとも「配偶者貸付制度」という制度がありますから、旦那さんの収入があれば、それを旦那さんと二人で分け合って使うことは可能です。しかし、旦那さんからの承諾書が必要であり、事実上機能していません。

そのため、専業主婦がキャッシングをしたい場合は、総量規制対象外の銀行カードローンを使うことになります。ネットバンクを中心にして最近は専業主婦をターゲットにしたカードローンが多く提供されています。融資限度額は多くても50万円程度と多額ではないので、利率は高いのですが専業主婦の方もカードローンによるキャッシングが可能です。

主婦の方がカードローンを利用する場合、家族の方に内緒にしたいというケースが多いようです。銀行系カードローンの中には、ローンカードをキャッシュカードと併用している場合があります。審査が終われば自動的にキャッシュカードでキャッシングができるため、うまくいけば即日融資も可能です。

また、ローンカード自体発行されないことから余計な郵便物が自宅に届かず、家族にカードローンの申込をしていることがバレることもありません。